知らなきゃ損!Eclipse / Visual Studio の超便利コマンド

知らなきゃ損!Eclipse / Visual Studio の超便利コマンド

毎回タイトル盛りまくりですみません。

Eclipse や Visual Studio などの IDE (統合開発環境)は、初心者がとっつきやすい反面、コマンドライン操作に慣れた上級者にとっては GUI 操作がまどろっこしかったりします。

特にソースコードファイルを開く操作は、いちいち IDE のファイル一覧の中から選択するよりも、コマンドラインでファイル名を手入力したほうが早いことが多いのではないでしょうか。

そこで、このコマンドです。 Eclipse では [Shift]+[Ctrl]+[R], Visual Studio では [Ctrl]+[,] を押します。すると、次のような入力ウィンドウが現れます。ここで、ソースファイル名の一部を数文字タイプしてみます。

すると、入力した文字を含むファイル名の候補を即座に表示してくれます。あとは [↑] [↓] キーで開きたいファイルを選んで [Enter] キーを叩けば OK です。 ショートカットキーを押して、ファイル名を2,3文字入力するだけで、すぐにエディタを開けてしまうのです。特にファイル数の多いプロジェクトで威力を発揮します。

このコマンドの名前は Eclipse では「リソースを開く」、 Visual Studio では「選択」です。 Visual Studio ではバージョン 2010、 Professional 以上で利用できるようです。